1/20
TWJ 5/24
今年のスペック
 ・Small キッカー 1.9m/h 52°
 ・Moguls 2nd   0.9m/h 33°
 ・Moguls 1st    0.6m/h 30°
お問合せ・御注文

<トピックス>

テイネウォータージャンプ

​優君のリクエストにお応えしてSmall登場

24日 プーメル掃除完了

25日から給水開始

ばんけいスキー場 B.SAP

5月31日  OPEN予定

5月9日 撮影

フリースタイル競技の歴史
・ウォータージャンプ編
 
 国内最初のウォータージャンプは、1980年頃千葉県ららぽーとの港に仮設の台がありました。その後直ぐにそれは閉鎖され、札幌テイネハイランドスキー場にスポンジピットの台が1982年に完成。しかし、2年で閉鎖。1984年に長野県大町市木崎湖にようやく本格的なウォータージャンプが完成したのであります。
 その当時は、モーグル選手がウォータージャンプで練習する事は殆ど無く、エアリアル選手のためのサマー施設でした。1985年には、静岡県浜名湖にでき、1996年には、世界ウォータージャンプ選手権を東京都代々木公園に仮設の台を作り、大会が開かれました。更に1987年には福島県猪苗代町にモーグル選手からエアリアル
のトップ選手までトレーニング出来る本格的な施設が完成。
 テイネウォータージャンプは、1994年にテイネオリンピアスキー場
の駐車場に出来ましたが、翌年現在の白樺ゲレンデに移設しました。
 エアリアルの宙返りの練習用施設だったウォータージャンプは、
モーグル種目のフリップ解禁から一躍モーグル選手大会地に普及、
今では世界で最も多くのウォータージャンプを保有する、世界最大
のウォータージャンプ大国となったのです。
 世界で最初にウォータージャンプを作ったのは、アメリカ、コロ
ラド州スティームボートスプリングスリゾートにパークスマイリー氏
が建設しました。1970年代の事です。穴を掘り直接水を貯めたため
泥水の中に着水していました。
 現在では、ニューヨーク州レークプラシットのジャンプヒルに、
USAナショナルトレーニングセンターとしてのウォータージャンプが
あります。さらに、アメリカはユタ州のパークシティーリゾートにもNTCのウォータージャンプを完備しています。また、ベラルーシには屋内のウォータージャンプがあります。
 
 日本国内でも、2030年の冬季オリンピックを目指し、NTCトレーニングしてのウォータージャンプの建設が必要不可欠です。 早く札幌が決まると良いですね。                             
 ​フリースタイルの歴史はこちらから
1984年木崎湖のウォータージャンプ
地上34mのタワーから飛ぶ、CABIN cup Water JUMP 選手権 1986年

          (有)フリースタイルハウス 006-0822 札幌市手稲区前田12-10-19 011-684-3014 fshtk@icloud.com        

      ​あらゆるスキーシーンをご提供します。イベント企画・制作・運営・司会派遣・スキーショーetc     

© 2023 by SAMANTA JONES.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now