1/20

Hart F-17 Mogul 旧モデル特別販売

市場には無い、156cm・166cm数量限定

残り数台です、早い者勝ち!!

紺色のモデルです。

171cmもあります。

​残り3〜4台

テイネウォータージャンプカレンダー

TWJは、祝日以外の月曜は休みです。

2021 SAJ公認大会日程発表

世界選手権(CHN)Zhangjiaku 2/15〜28

MO=19・21 DM=24・27

お問合せ・御注文

MVP賞は、3本の合計の完成度で

​野村龍久馬(TEAM BANKEI)が獲得 2021シーズン券

SAJ主催 審判講習会 11月14〜15日

​オンライン講習会となりました(ZOOM)

SAJ会員登録が必要です。

フリースタイル競技の歴史
・北海道スキー選手権フリースタイル競技
 
 1982年第1回北海道フリースタイルスキー選手権として、北海道スキー連盟が初めてこん競技を開催しました。
記念すべき大会は、当時の大和ルスツスキー場(ルスツリゾート)である。
 当時のフリースタイル競技会とは、3種目行って成立する大会であった。金曜はバレエ・土曜はモーグル、そして、日曜にエアリアルが行われるのが当たり前。ワールドカップも全てこの日程で行われていたんだよ。
したがって、選手は皆3種目行うのがフリースタイル選手であり、それがフリースタイラーだったんだよ。
 第1回大会に出場した選手で現在も関わっているのは、私と橋場さんくらいですね。まー、何せ来年で40回大会を向かえる訳ですから、ずいぶん昔のことになりました。
 しかしながら初めての種目でもあり、関係者のご努力によりHTBで30分の大会番組を制作放送してもらっていました。放送は3年間続きました。
信じられないしょ、昔は今よりスキーが大変盛んで盛り上がっていました。大会の結果も必ず写真入りで新聞に掲載されていましたし、我々選手の励みになっていました。
 草大会のパイオニアである、スーパーバンプスニセコカップもモーグルの草大会でありながら、10年間STVで1時間番組を作って放送していたんですよ。凄いでしょーー
 歴史有る北海道選手権は、日本で唯一全ての種目を最後まで行い、現在でもモーグル種目・デュアルモーグル種目そして、エアリアル種目も継続して開催しています。日本で一番の歴史とフリースタイル大会としての継続を持続しているメジャー大会なのです。
 1982年から開催している他の大会は、東京都大会と長野大会がありますがどちらも直ぐにバレエ種目を廃止、エアリアル種目も行っていません。北海道でもこれを継続するにはとても大変な苦労がありました。今では美深町に多大なる御理解と御支援を頂きAE種目を継続して頂いております。
 これをここまで長くAEを継続しているのは世界一です。世界一の努力の賜なのです。この場をお借りして心より感謝申し上げます。
モーグル種目においても、ばんけいスキー場では、1992年から約30年間継続して大会を誘致開催して頂いております。今では、国内唯一の常設FIS公認のモーグルコースとして、活用されているのはご存じの事と思います。
 2030年この場で、冬季オリンピックが開催される事を是非期待しています。これまでの御支援に報いれるよう我々も誘致と開催に向けて努力していきたいと思っております。
 これからも皆様の御理解と御支援賜りますよう、関係者を代表して御願い申し上げます。
                        
 
記念すべき第1回大会の新聞記事
1983年第3回全日本選手権 大和ルスツ
第2回大会の新聞記事
第3回大会の新聞記事
1983年第3回全日本スキー選手権大会
大和ルスツで開催された時の新聞記事

          (有)フリースタイルハウス 006-0822 札幌市手稲区前田12-10-19 011-684-3014 fshtk@icloud.com        

      ​あらゆるスキーシーンをご提供します。イベント企画・制作・運営・司会派遣・スキーショーetc     

© 2023 by SAMANTA JONES.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now